副業体験談追加中~アフィリエイト・FX・せどり・転売・株・ユーチューブなどなんでもあります!

FXでの大敗から学んだこと|必勝法とは欲張らないことだった

FX

【副業】FXと出会ったきっかけ

 

私がFXと出会ったのは、今から4年くらい前です。

インターネットに掲載されていた、FXの広告がきっかけでした。

 

元々、株やFXと言われる金融商品には全く興味が無く、どちらかというと毛嫌いをしていたタイプです。

 

そうした商品に手を出して、財産を失ったという話を聞く度に、「何でそんな儲からないとわかっているものに、手を出すのだろう」と内心馬鹿にしていました。

 

ですが、ネットの広告をみている内に、「FXがどんなものなのかを、具体的に知っておくのは悪くないな」と思うようになったんです。

 

取りあえずは、お金の必要のないデモトレード用の口座を開設して、FXを体験してみることにしたのです。

 

FXのデモトレードでの連敗により本格始動

 

恥ずかしいのですが、デモトレードを始める時は、それまでに持っていたFXに対する嫌悪感は無く、むしろウキウキしていました。

 

FXを知らない人がトレードと聞くと、難しい作業が必要なのでは、と思われるかもしれません。

 

しかし、実際にやることは簡単です。

単に取引したい通貨を選んで、売買をするだけです。

 

最初のトレードでは、上手くいって数万円ほどの利益を出しました。

 

このビギナーズラックが良くなかったのか、その後は調子に乗ってしまい、連戦連敗です。

 

最低限のルールを覚えて、トレードしてただけなので、当然と言えば当然です。

 

単に、デモトレードでFXを体験してみるだけの予定だったので、本当であればここで終了するはずでした。

 

しかし、余りにも酷い負け方をしたのが悔しくて、この時は徹底的に勉強をして、絶対に攻略してやるという気持ちになっていました。

 

そこからはFXの基礎となる本から、中級者~上級者向けの本までを何冊も買って、熟読する毎日が続きました。

 

もちろんチャートの勉強も並行してやっていました。

仕事から帰ってきてから寝るまでの間は、ずっと勉強してたと思います。

 

休日も、何かに取り憑かれたかのように、朝から晩までチャートを眺めていました。

 



FXでの実践でまさかのオーバートレードで大敗

 

FXと出会ってから、数か月たった頃でしょうか。

 

デモトレードでも、そこそこ安定して勝てるようになってきました。

これなら大丈夫と、リアルトレードをすることに決めました。

 

資金はお試しの10万円、目標は1か月後に100万円です。

 

こうして書いているのも恥ずかしいくらい、本当に安易で、酷い目標だったと思います。

 

更に、FXの口座は、海外のFX業者で開設しました。

理由は、レバレッジを効かせて、楽に儲けたかったからです。

 

一発大きく当てて、その後は小さくトレードすれば、資金を吹っ飛ばすことは無いだろうと考えていました。

 

トレードの戦略は、長い期間のトレンドに乗って売買をする、トレンドフォローでした。

 

ちょうどリアルトレードを始めた頃は、上昇トレンドが形成されていたころだったので、今までの練習でやってきたように、トレードをすれば勝てるはずでした。

 

ところが実際は、最初のデモトレードで経験したような、ボロボロの結果だったのです。

負けた理由は単純で、レバレッジを掛け過ぎた、オーバートレードが原因でした。

 

余りにも大きな枚数でトレードをしていたので、僅かな値動きでも、大きな金額が上下したのです。

 

その値動きの激しさに、心理的に耐えられなくなって、大きな利益が見込めそうなトレードでも、小さな利益で決済していました。

 

当然、小さな利益では大きな損失はカバーできませんから、その後の数回の失敗で殆どの資金を失ったのです。

 

FXの大敗から学び、欲を抑えたトレードを行うことで稼げるように

 

たった数ヶ月の勉強とは言え、必死にやってきたことが無駄になったショックは、10万円を失った事よりも大きなものでした。

 

その後しばらくはリアルトレードはせず、失敗した理由ばかりを考えていました。

そうして考えに考え、辿り着いた結論は「欲をかいたから自滅した」です。

 

そもそも仕事から帰ってきて、トレードが出来る時間はたったの数時間です。

その僅かな間に、トレードチャンスが、毎日来ることなんてあり得ません。

 

しかしながら、毎日利益を出したがるのが人間です。

誰もが短時間の間に利益を出そうとして、オーバートレードをすることになります。

 

つまり、利益を出そうと欲をかいて、無謀なトレードをするから資金を吹き飛ばしてしまう訳です。

 

そこで、欲をかくと自滅してしまうのならば、小さな枚数で、のんびりとトレードをすれば良いじゃないかと考えました。

 

元々、トレンドフォローのトレードをして行こうとしていたのですから、数日間程度かけたトレードの方が、戦略的にも合っていたのです。

 

また、時間をかけてトレードをすることで、ちょっとした値動きを気にする事が無くなりました。

 

トレードポイントに余裕を持たせられるので、チャート画面に張り付いて、タイミングを取る必要もありません。

 

ですから、仕事から返ってきた時だけではなく、仕事中でもトレードをすることが可能になりました。

 

こうした余裕を持った、トレードにスタンスを変更したのが良かったのか、この日から安定して利益を得られるようになっていきました。

 



FXに短期間で大きな利益を求めてはならない

 

大きなトレンドに乗って、コツコツと稼ぐトレードは、1回あたりの利益はとても小さいですが、安定して利益を積み重ねることができると思います。

 

私は欲張らないトレードを始めてから、失った10万円を取り戻すのに、半年近くかかりました。

 

そして、その後は何倍もの利益を得ることに成功しました。

 

現在は諸事情によりトレードをお休みしていますが、近いうちにまた再開するつもりです。

 

私がFXで成功した理由は、本気でFXの勉強をしたことや、勝算の見いだせる戦略を考えた事もあるでしょうが、最も大きな理由は、やはり欲張らなかったことにあると思います。

 

実際インターネットで、FXの失敗談などを見ていると、殆どの人が一発勝負に近いトレードをして、退場することになっています。

 

負けた金をすぐに取り戻したい。

若いうちに大金を手に入れたい。

アーリーリタイアをしたい。

 

など理由は様々ですが、共通しているのは、短期間の間に大きな利益を求めていることです。

 

手っ取り早く利益を求めると、結局のところ私のやったような、無謀なトレードに辿り着きます。

 

この破滅的なトレードから逃れるためには、何度も言いますが、時間をかけて小さな利益を積み重ねること以外にはないと思います。

 

別の言い方をするならば、大きな利益を得られる人は、根気強く時間をかけてトレードが出来る人と言えます。

 

つまり、FXに向いている人は、辛抱強く地味な作業を淡々と続けられるような人だと思います。

 

そうした人には、FXは副業として向いているのではないでしょうか。